「透明感がすごい」Mattが絶賛の15歳美少女とは? 父はあのアルピニスト

[ 2019年7月16日 20:57 ]

Matt
Photo By スポニチ

 アルピニストの野口健氏(45)の娘、野口絵子さん(15)が16日放送の日本テレビ「さんま御殿 夏の3時間SP」(火曜後7・00)に出演。共演した桑田真澄氏(51)の次男、Matt(24)から「透明感がすごい。女優さんになって」とべた褒めされていた。

 この日は「有名人の二世」が勢ぞろい。「反抗期」の話では、「絶対反抗できない。反抗するとヒマラヤへ連れて行くと言われる」と絵子さん。

 野口家では家族旅行が「全部山」。小学校4年のときに初めて冬山に連れていかれた。マイナス10度で、父に「冷たい」と弱音を吐くと、父は「手の感覚が残ってないと指が(凍傷で)なくなるが、感覚が残っているならOK」と突き放した。

 また、急斜面の岩登りでは、あまりの怖さに泣きだした絵子さんに向かって、父は「死にたいか、死にたくないか?死にたくなければ泣くな。泣くと前が見えない」とアドバイス。そして「泣いてだませるのは男だけだ」と付け加えた。

 絵子さんは現在、「登山家見習い」。初対面だったMCの明石家さんま(64)が「(15歳にしては)すごいしっかりした顔立ち」と印象を語り、「芸能界は?」と聞くと、「考えてなかった」と首を傾げた。

 これに対し、共演のMatt(24)が「すごくきれい。透明感がすごい」と絶賛。さんまは「Mattがそれだけ言うなら間違いないやろ」といい、Mattは「女優さんになってほしい」とすすめていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月16日のニュース