小倉智昭氏 堀ちえみに“消えろ”誹謗中傷した主婦に「これはないでしょ」

[ 2019年7月16日 11:32 ]

小倉智昭キャスター
Photo By スポニチ

 キャスターの小倉智昭氏(72)が16日、MCを務めるフジテレビ「とくダネ」(月~金曜前8・00)に生出演。ネット上での心無い書き込みに対する率直な思いを明かした。

 番組では、2月に舌がん、4月に食道がんの手術を受けたタレントの堀ちえみ(52)のブログに誹謗中傷の書き込みをしたとして、50代主婦が脅迫の疑いで書類送検された問題を特集。複数回にわたり「死ね」「消えろ」などとコメントしていたといい、番組の直撃取材に対して主婦は「ブログにコメントを入れただけ」などと語っていた。

 小倉氏は「人に対して“死ね”ってことは簡単に使えるもんじゃないですからね。ちょっとひどいですね」と苦言を呈し「全然悪びれていないんだね。そんなのが当たり前だっていう思い込みがあるんでしょう」とコメント。堀がブログで闘病の様子などについて赤裸々につづってきた事にも触れ「彼女が悩んでいる恐怖感とかが全部伝わってきていたので、そういう状況に“死ねばよかった”なんて、これはないでしょ」と表情を曇らせた。

 社会学者の古市憲寿氏(34)は「主婦の人もまさか軽い気持ちで書いたことで、自分が特定されるってことはあんまり思っていたかったと思う」とし「みんなも警察に捕まるっていう事を分かったら、責任感も変わってくるんじゃないかな」と注意喚起した。すると、ここで古市氏が「小倉さんと一緒の写真を載っけただけで、小倉さんの悪口が僕に来ることもあるぐらいで。小倉さんもすごいネット上で嫌われてますよね」と水を向けた。

 小倉氏は「嫌われてるし“死ね”“殺すぞ”なんてことは日常茶飯事みたいにありますけど、いちいち相手にはできないし、訴えることも簡単にはできないじゃないですか。いい気分じゃないです」と胸の内を明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月16日のニュース