海老蔵、休演舞台で奮闘した勸玄くんに涙「ただただありがとう」「泣けてくる…」

[ 2019年7月16日 20:08 ]

18日から「七月大歌舞伎」に復帰する市川海老蔵
Photo By スポニチ

 急性咽頭炎のため「七月大歌舞伎」を休演している歌舞伎俳優の市川海老蔵(41)が16日、ブログを更新。この日、昼の部「外郎売(ういろううり)」に出演し、父不在でも役目を果たした長男の堀越勸玄(かんげん)くん(6)を褒め称えた。

 海老蔵の「七月大歌舞伎」は今月4日に初日を迎えた。父子共演の昼の部「外郎売」では、勸玄くんが貴甘坊(きかんぼう)役に挑戦し、注目を集めている。

 海老蔵はこの日休演したが、一部内容を変更して勸玄くんは出演。ブログで海老蔵は「倅むかいました」「私の鏡台つかいたいと連絡ありました、どんな気持ちなのか、わかりませんが頼もしいです、、」と勸玄くんの様子を記し、舞台を終えた後は「おかえり。ただただありがとう。そしてごめん。よく出来たとみんなから連絡きました。涙」「今日の映像をみてと、みてますが、泣けてくるので見たくないですね」と愛息の活躍を喜んだ。

 海老蔵は18日の公演から復帰する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月16日のニュース