“でこりの”指原 熱烈ファンと初共演に本人タジタジ 「想像の1000倍以上のオタク…」

[ 2019年5月22日 21:25 ]

指原莉乃
Photo By スポニチ

 元HKT48の指原莉乃(26)が22日放送の日本テレビ「今夜くらべてみました」(後7・00)3時間SPで指原の熱烈ファンを公言していた美人バイオリニストと初共演、「私が思っていたより1000倍以上のマジのオタクだった」と仰天する場面があった。

 指原との初共演に「生演奏より緊張する」と興奮していたのは、世界の名門、ケルン音楽大学を首席で卒業した一流バイオリニストの木嶋真優。

 「収録3日前」に行われた指原の卒業ライブ」にも出席、会場で販売されていた特製パーカーに着替えて撮影した写真も公開した。

 「めっちゃ楽しかった。号泣して…。私の間違いなく平成1位の日曜日だった」といまだに興奮が冷めやらぬ様子だった木嶋は「きょうの指原さんのことを何と言うか知ってますか?」とスタジオの共演者たちをぐるっと見渡した。

「んっ?」とMCの後藤輝基(44)が戸惑っていると、「“でこりの”って言うんです。可愛いでしょ」と教えた。11年間のアイドル活動に終止符を打った指原は、5月から「令和のニューヘアー」に変更、この日もおでこを出した髪型で出演していた。“サッシー愛”にあふれる木島に向かって後藤が「指原の隣に来たら?」とすすめると、「無理、緊張しちゃうから」と断り、「“でこりの”と言えてよかった」と笑顔を見せた。

 このあと、共演したスキージャンプの高梨沙羅選手(22)の話題で、ラージヒルが高層ビル38階ほどの高さという説明があり、他の出演者が「高さ」が実感できない様子だったの対し、木嶋だけは「わかる!」と声を上げた。「指原さんがゴンドラで上がっていったんです。(私が)号泣したときにパッといなくなるときの高さなんです」と説明すると、指原は「やめて! 私のほうが恥ずかしい」と木嶋のオタクぶりに閉口していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月22日のニュース