ALEXANDROS庄村復帰決定 6月のさいスパ公演で 筋筋膜性腰痛症から「回復を実感」

[ 2019年5月22日 11:45 ]

ALEXANDROSの(左から)庄村聡泰、白井眞輝、磯部寛之、川上洋平
Photo By スポニチ

 ロックバンド「ALEXANDROS」が、筋筋膜性腰痛症のため療養していたドラムスの庄村聡泰(35)の復帰を発表した。6月15日、翌16日のさいたまスーパーアリーナ公演で合流する。当日は「Sleepless in Japan Tour」のファイナル公演に当たる。

 22日に更新した公式インスタグラムにはメンバー4人が並ぶ写真を掲載。庄村は「現在、お休みを頂いている中で徐々に回復を実感出来る様になっており、また、医師からも経過は良好との診断が出ておりますので、復帰へ向けて調整を行なっております」と報告。「来月のツアーファイナルにて、また皆様の前に立たせて頂きたいと思っております。ご心配をお掛けした分は演奏でお返しします。お楽しみに」と約束した。

 庄村の療養は4月25日にオフィシャルサイトで発表された。この間、グループはサポートメンバーを加えて公演や音楽番組の出演などに対応している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月22日のニュース