始まりは代替公演 HiHi Jets 500回目「後輩たちに登竜門として残していきたい」

[ 2019年5月22日 04:00 ]

通算500回達成公演前、ポーズを決めるHiHi Jetsの(左から)井上瑞稀、作間龍斗、高橋優斗、猪狩蒼弥、橋本涼(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ジャニーズJr.のユニット「HiHi Jets」が21日、東京・シアタークリエで若手登竜門の恒例公演「ジャニーズ銀座2019」に出演した。

 2010年にスタートしてからこの日で通算500回目の公演。得意のローラースケートのパフォーマンスなどを交えながら全28曲を披露。高橋優斗(19)は「600、700、1000回と、後輩たちに登竜門として残していきたい」と語った。橋本涼(18)は「いつか海外でいろんな人にパフォーマンスを見せたい」と意気込んだ。

 10年に女優の故森光子さんの主演舞台「放浪記」が体調不良で中止となり、代替公演という形でスタート。プロデュースするジャニー喜多川社長(87)は「若い子たちが森さんの後を見事に継いでここまでやっている」と目を細めた。

 今年は和太鼓や演歌など、日本らしさを演出に取り入れた。「古いものを捨てるんじゃなくて、新しい子たちが、古いものも新しくしていく。そうやって世界に伝えてほしい」と力を込めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年5月22日のニュース