山口真帆 卒業へメッセージ1000通以上「予想以上の枚数」に驚き 有志ブース開設

[ 2019年5月7日 05:30 ]

最後の握手会でファンへあいさつするNGT48山口真帆(C)AKS
Photo By 提供写真

 昨年12月にファンの男性2人から暴行被害を受けたNGT48山口真帆(23)が6日、パシフィコ横浜でのAKB48個別握手会で、卒業前の最後のファンとの交流に臨んだ。

 会場では、ファンの有志が山口への卒業メッセージを募るブースを設置し、賛同者が相次いだ。「山口真帆卒業企画委員会」によると、5日から2日間で約500通が集まり、インターネット受け付け分も含め1000通以上に上った。

 「今までありがとう」「これからも応援しています」などといった励ましの言葉が寄せられ、企画した1人は「予想以上の枚数が集まった」と語った。一緒に卒業公演を行う菅原と長谷川に関しても同様のブースがあり、3人への卒業メッセージは運営側を通じて届けるという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年5月7日のニュース