溝深く…山口真帆 最後のファン交流 見送りメンバー1人だけ

[ 2019年5月7日 05:30 ]

最後の握手会でファンへあいさつするNGT48山口真帆(C)AKS
Photo By 提供写真

 昨年12月にファンの男性2人から暴行被害を受けたNGT48山口真帆(23)が6日、パシフィコ横浜でのAKB48個別握手会で、卒業前の最後のファンとの交流に臨んだ。最後を見送るファンとの記念撮影は、山口を含め卒業する3人の他にはグループに残るメンバー1人だけが参加。他のNGT48メンバーとの溝の深さを改めて浮き彫りにした。また、山口は初めて芸能活動の継続を自らの口で語った。

 最後の握手会も、どこか寂しい光景だった。午後8時すぎ。横断幕を掲げて、山口のTシャツを着たファン約300人の前に山口は一緒に卒業する長谷川玲奈(18)と現れた。最後のあいさつの際、使った拡声器の調子が悪い中「握手会を休んでしまって、皆さんに会えない間が4カ月ありました。いろんな不安があったんですけど、皆さんとこうして会うことができてうれしかったです」などと涙声で思いを語った。

 最後のファンとの記念撮影には、ともに卒業するもう1人の菅原りこ(18)と、NGTには残留するが、山口とともに運営との対決姿勢を取り続けていた村雲颯香(21)が参加。山口と“山口派”と呼ばれる3人だけとなり、山口が疑いをかけたメンバーだけでなく、先月21日まで一緒だった元チームGメンバーも現れなかった。運営だけでなく、約3年半も一緒にグループをつくってきた他のメンバーとの亀裂も修復できないままの現状を表していた。

 ファンとの交流での山口はいつも通りの笑顔。握手はなしで会話のみの対応ながらも、午前10時半から午後8時まで長時間にわたり対応した。厳重警備もあり事件に触れるファンは皆無だったという。常時20~30人のファンが列をつくり、握手を終えたファンの中には泣きだす人もいた。

 芸能活動を続ける意向も初めて自らの口で表明した。あいさつで「アイドルとしては卒業しますが、これからまた皆さんに会えるように頑張りたいと思う」と語った。この日の握手会での前向きな明るい態度と「皆さん、またね~!」と結んだあいさつに山口の気持ちはすでに新たな旅立ちに向かっていると感じたファンは多かった。

 残すは18日の卒業公演のみ。この日、グループの公式サイトで正式発表された出演者は急きょ変更の場合もあるとしたが、山口、長谷川、菅原という卒業するメンバーだけ。改めて絆の強さを示していた3人だけで最後のアイドル姿を披露し、NGT48の冠を下ろす。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月7日のニュース