レディー・ガガ、奇抜なファッション披露 最後はランジェリー姿に

[ 2019年5月7日 10:50 ]

メット・ガラで奇抜なファッションを披露したレディー・ガガ(AP)
Photo By スポニチ

 今年で71回目を迎えたファッション界の祭典メット・ガラが7日、ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催され、今回で3度目となるホスト役を務めた歌手のレディー・ガガ(33)は、すそがじゅうたんのように広がったピンクの大型ドレスを披露。傘を差した男性を引き連れて登場した。そして腰のリボンをほどいて今度は黒のベアトップ・ドレスに変身。最後は黒でまとめたランジェリースタイルとなった会場を沸かせた。

 今年のメット・ガラのタイトルは「Camp:Notes on Fashion」で、キャンプは通常の意味ではなく「調和のとれていないもの」「芝居がかったもの」といったニュアンス。シンガーソング・ライターのケイティ・ペリー(34)はシャンデリアを吊り下げたドレス、俳優のジャレッド・レト(47)は自身の「首」を手にしながら会場を練り歩いた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年5月7日のニュース