元モー娘。田中れいなスーパー戦隊と初共演 新旧アイドルで劇中歌も異例披露

[ 2019年4月29日 14:38 ]

田中れいな
Photo By スポニチ

 「モーニング娘。」の元メンバー、田中れいな(29)がスーパー戦隊番組に初出演した。28日に放送されたテレビ朝日系「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(日曜前9・30)で、地球に不時着した宇宙人役。リュウソウジャーと共演した上、歌声も披露している。

 田中は番組終了後に自身のブログを更新。「観て頂けましたでしょうか??」と撮影秘話などを明かし、「また来週も出ます!!!!」と5月5日の登場も予告している。

 ストーリーは、不時着時に離れ離れとなった宇宙人姉妹が地球で探し合いながら展開。妹役はアイドルグループ「夢見るアドレセンス」の小林れい(21)。ともにスーパー戦隊シリーズは初挑戦の共通点があり、歌手経験を生かして、ストーリーの"肝"となる劇中歌を2人で歌っている。

 田中は2003年、モー娘に「6期メンバー」として加入し、同年大晦日のNHK「紅白歌合戦」に初出場。同じ年齢の道重さゆみとともに、平成生まれ初の紅白出演を果たした。13年にグループ卒業後はガールズバンド「LoVendoЯ(ラベンダー)」のリーダーとして活動。ライブや、ミュージカル出演などを重ねている。ドラマ出演は16年のNHK「トットてれび」以来で、ブログには「自分が見よった戦隊ものに自分が出とうってすごいよねー。嬉しいなー」とつづっている。

 番組側によると、スーパー戦隊シリーズでゲスト出演者が劇中歌を珍しいという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年4月29日のニュース