指原 令和も売れっ子 もう“初仕事”NHK特番出演

[ 2019年4月29日 05:30 ]

観客席に手を振るHKT48の指原莉乃(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 HKT48の指原莉乃(26)が28日、横浜スタジアムで卒業コンサートを行い、11年間のアイドル活動に終止符を打った。最後は「平成、超楽しかった!」と満面の笑み。今後はその実力を生かし、タレント、プロデューサーとして活動していく。

 令和も売れっ子ぶりを発揮する。現在、テレビのレギュラーはTBS「坂上&指原のつぶれない店」など計5本。関係者は「卒業の前と後の出演本数は変わらない」と話しており、卒業後にグループ在籍時の輝きを失うメンバーがほとんどの中で異彩を放つ。

 卒業後の初仕事は30日のNHK特番「ゆく時代くる時代」(前8・15~)生出演。日付をまたいで午前0時30分まで、爆笑問題らとともに番組を盛り上げ、新スタートを切る。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年4月29日のニュース