山本舞香「ラジハ」で2クール連続“月9”登場!主演・窪田正孝とドラマ初共演「頼もしい先輩」

[ 2019年4月29日 06:00 ]

月9「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」第4話にゲスト出演する山本舞香(C)フジテレビ
Photo By 提供写真

 モデルで女優の山本舞香(21)がフジテレビの月9ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(月曜後9・00)の第4話(29日放送)にゲスト出演。今年1月クール「トレース~科捜研の男~」第5話に続き、2期連続の月9登場となる。

 原作は青年誌「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミック。主人公の放射線技師・五十嵐唯織(窪田正孝)らが患者の“視えない病”を見つけ出し、命を救う姿を描く。「HERO」や映画「マスカレード・ホテル」などの鈴木雅之監督らが演出を務める。

 山本が演じるのは、22歳の大学生・坂元美月。仲間たちと結成した女性バンドでギターを弾いている。プロのミュージシャンを目指していたが、卒業後は就職してメンバーがバラバラになるため、2週間後に解散ライブを行うことに。その矢先、右肩の痛みに襲われ、唯織が勤める甘春総合病院で診察を受ける。

 主演の窪田とは映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」(7月19日公開)で共演しているが、ドラマは初共演。山本は「出演が決まった時、素直にうれしかったです。主演の窪田さんとは今回がドラマ初共演になりますが、たまにご飯に連れていってくれる優しくて頼もしい先輩です。一生懸命頑張りますので、是非ご覧ください」とコメントしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年4月29日のニュース