松下由樹、体調不良で舞台降板の浅野温子と「一緒に頑張りたい」 松本零士氏「全く違和感を感じません」

[ 2019年4月7日 15:18 ]

松本零士氏から贈られたプロメシュームの絵を受け取り笑顔の松下由樹
Photo By スポニチ

 女優の松下由樹(50)が7日、都内で舞台「銀河鉄道999」(4月20~29日、東京・明治座)の公開稽古を行った。

 プロメシューム役で出演予定だった浅野温子(58)が体調不良のため降板し、代役として出演。「浅野さんがイメージしたプロメシュームはきっと素晴らしいものだったと思います。重責を感じていますが、私なりにつくり上げて、(浅野と)一緒に頑張りたいなと思います」と語った。

 原作者の松本零士氏(81)は「浅野温子さんと松下さんはメーテル、エスメラルダの姉妹のように全く違和感を感じません。新しい舞台が完成するのを楽しみにしておりますので、どうか頑張ってください」とコメント。松下は松本氏から贈られたプロメシュームの絵を受け取り「こんな機会はない。とてもうれしい」と笑顔を見せた。
 

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年4月7日のニュース