張本勲氏 6日のプロ野球6試合で22発に「球が飛び過ぎる」

[ 2019年4月7日 09:03 ]

張本勲氏
Photo By スポニチ

 野球評論家の張本勲氏(77)が7日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に出演。6日のプロ野球6試合で22本もの本塁打が飛び出したことに言及した。

 今季の12球団合計本塁打は6日までで107本。12球団の開幕8試合合計本塁打が100本を超えたのは09年の100本塁打以来10年ぶりのハイペースで、昨年と比較すると30本も増加している。張本氏は「毎年言ってるでしょう。球が飛び過ぎる。飛び過ぎる、飛ぶんじゃなくて。もう打者のファンは喜ぶか分からんけどね、投手を持っている親はたまったもんじゃない。ちょっと変えた方がいいんだけどね」と苦言を呈した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年4月7日のニュース