松ちゃん「忖度」辞任の元副大臣にあきれモード「はしゃぎすぎ…こういう後輩いる」 

[ 2019年4月7日 11:34 ]

「ダウンタウン」松本人志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)は7日、フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。「忖度(そんたく)」発言で辞任した塚田一郎元国土交通副大臣について「はしゃぎすぎましたね」とあきれ気味に話した。

 塚田氏は下関北九州道路の建設計画を巡って「安倍晋三首相や麻生太郎副総理(兼財務相)が言えないので、私が忖度した」などと利益誘導とも取れる発言をした責任を取り、辞任した。

 番組に出演した作家の乙武洋匡氏(43)は「忖度」という言葉に反応して「今一番使っちゃいけないワード」ときっぱり。「閉ざされた空間だと思って、この場ならうけるだろうと。それが全国レベルで聞かれたらどうなのかというスイッチを持つべき」と苦言を呈した。

 松本は「はしゃぎすぎ、いちびりすぎ」と、関西では「お調子者」として使われる言葉も用いてあきれモード。さらに「こういう後輩いるよね。たいして仲もよくない後輩が、俺のいないところで勝手に俺の話をして、俺が損をすることが…」と自身の周囲にも同じような「お調子者」がいるとし、さらに「何より、本当に道路を必要としている人たちが被害者ですから」と、塚田氏の発言の影響を憂いた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年4月7日のニュース