「DIAMOND☆DOGS」森新吾さん 心筋梗塞で死去 37歳

[ 2019年4月7日 18:52 ]

 ヴォーカル&パフォーマンスグループ「DIAMOND☆DOGS」が7日、公式サイトを更新。メンバーの森新吾さんが心筋梗塞のため死去したと発表した。37歳だった。

 「DIAMOND☆DOGS」は2003年結成。舞台を中心に活動しており、森さんはオリジナルメンバーだった。グループでの活動だけでなく、振り付けや演出などでも活躍。NHKみんなのうた「ピースフル」「HEART BEAT」などの振り付けも担当した。

 サイトでは「本日、皆様に大変悲しいお知らせをしなくてはなりません。DIAMOND☆DOGSの森新吾が自宅にて倒れ、そのまま意識を回復することなく、心筋梗塞にて逝去いたしました。生前中のご厚誼を感謝いたしますとともに、謹んでご報告申し上げます」と報告した。

 「森新吾は2003年のDIAMOND☆DOGS創立のオリジナルメンバーとして参加、その後は出演のみでなく、振付、構成、演出と、DIAMOND☆DOGSの中心メンバーとして活躍してまいりました。誰よりもダンスを愛し、古き良き時代の映画を愛し、舞台のために様々な分野の勉強もしておりました」とこれまでの活動に触れ、「悲しみは尽きません。今後も彼が私たちの心の中から消え去ることはないでしょう。しかし、故人の意思を未来に伝えることが残された者たちの使命と思い、前を向いて進み行く所存でございます」と記した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年4月7日のニュース