AKB48の武藤十夢 難関気象予報士に合格 現役アイドルでは異例

[ 2019年4月7日 20:51 ]

アイドルグループAKB48の武藤十夢
Photo By スポニチ

 アイドルグループ「AKB48」で18年選抜総選挙7位の武藤十夢(24)が7日、スカパーなどで放送するファミリー劇場「AKB48 ネ申テレビ」に出演。気象予報士の試験に合格したと報告した。気象予報士試験は平均合格率5・5%(気象業務支援センター)と難関で、現役アイドルの同試験合格は異例。

 武藤は同番組内の企画「武藤十夢のあした天気にな~れ!」を通じて気象予報士の資格勉強に挑戦。グループ活動の傍ら成城大学に通いながら(現在は卒業)、お天気キャスターを目指していた。不合格が続き、途中からは番組のサポートを断ち切って「見ててください。死ぬ気で頑張ります」と独力で試験勉強に励んだ。

 この日の放送では、合否通知のはがきを手にして、自ら開封。「え、ちょっと待て待て、え、言っていいですか?受かってるんですけど!ヤバー、受かったあー!やばい泣きそう…」と目はウルウル。1700日の勉強の日々を経て、8度目の挑戦で合格をつかんだ。

 放送後、武藤はツイッターを更新し「先程のネ申テレビで発表させて頂きましたが改めて。気象予報士試験に合格することが出来ました!!!5年間頑張って本当によかった」と心境を告白。続けて「応援してくださった皆さん本当に本当にありがとうございました」と感謝した。

 ◆武藤 十夢(むとう・とむ)1994年(平6)11月25日生まれの24歳。東京都出身。2011年5月、劇場公演でデビュー。12年6月の選抜総選挙で研究生としてただ1人のランクイン(49位)。同年11月、大島優子がキャプテンを務めるチームKで活動開始。その後、チームAへの異動が発表された。現在はチームKで活動。18年の「第10回AKB48選抜総選挙」は7位。氏名は下から読んでも「むとうとむ」。愛称・とむ。身長1メートル56。血液型B。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月7日のニュース