農林水産省が公式HPで異例の「なつぞら」解説 酪農への関心高めるため“独自の視点”

[ 2019年4月7日 16:00 ]

NHK連続テレビ小説「なつぞら」の解説を行う農林水産省の公式サイト
Photo By 提供写真

 農林水産省がNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・00)について公式サイトで“独自の解説”を展開している。酪農への関心を高めるためで、中央省庁が朝ドラの解説を行うのは異例の試み。

 女優の広瀬すず(20)がヒロインを務める節目の朝ドラ通算100作目。日本テレビ「泥棒家族」や大河ドラマ「風林火山」、映画「39 刑法第三十九条」「風が強く吹いている」などで知られる脚本家の大森寿美男氏(51)が2003年後期「てるてる家族」以来となる朝ドラ2作目を手掛けるオリジナル作品。戦争で両親を亡くし、北海道・十勝の酪農家に引き取られた少女・奥原なつ(広瀬)が、高校卒業後に上京してアニメーターとして瑞々しい感性を発揮していく姿を描く。

 第1週(1~6日)は、なつ(粟野咲莉)が牧場の仕事に取り組む姿が描かれた。今月1日のドラマ開始と同時に、農水省の公式サイト内に『今日の「なつぞら」畜産部解説』というコーナーが立ち上がり「ストーリーに併せて、畜産や酪農について、豆知識となるような独自の解説をしていきます」とスタートした。

 2日は「牛乳はおいしい」、3日は「牛は何を食べるの?」、4日は「アイスクリームの歴史」、5日は「乳牛の基礎知識」という記事を連日アップ。4日(第4話)は、なつと泰樹(草刈正雄)がアイスクリームを食べ、仕事観について泰樹がなつに静かに語り掛ける感動的なシーンがあったが「物語の舞台となった昭和20~30年代は、カップアイスやアイスクリームバーが商品化され、子供たちに大人気となり始めた時代です。この頃発売されたアイスクリームには、今でも愛されているロングセラー商品も。ちなみに(明治2年に発売された日本初のアイスクリーム)『あいすくりん』は1つ50銭。当時の白米10kgが55銭という記録があり、まさに高嶺の花だったと言えるでしょう」と解説した。

 農水省生産局畜産部畜産企画課によると、酪農への興味を深めるための方法を探り、インターネットによる情報発信を企画。解説文は職員4~5人が交代で執筆。劇中、酪農にまつわるシーンがあった時、随時更新していく。5日からは公式フェイスブックへの掲載もスタート。公式ツイッターにはさまざまな情報がアップされているが「なつぞら解説」の反響は他の情報より大きいという。今後も独自の視点による解説が注目される。

 中央省庁とNHKドラマの取り組みとしては、林野庁と13年の大河「八重の桜」が東日本大震災で被害を受けた福島県の“復興のシンボル”として新種の八重桜の名前を「はるか」と命名したケースがある。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年4月7日のニュース