武井壮 “恩人”ピエール瀧被告に「判決が出た後にお会いできたら…」

[ 2019年4月7日 10:40 ]

タレント・武井壮
Photo By スポニチ

 タレントの武井壮(45)が7日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」(前9・54)に生出演。コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反の罪で起訴され4日に保釈されたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(51)に「判決後にお会いできたら…」と語った。

 武井は先月17日、同番組に出演した際、瀧被告は自身がテレビに出演するきっかけをつくってくれた恩人だと語る一方で、薬物使用については「僕は絶対に理解できない」と涙ながらに断罪していた。

 この日、番組では瀧被告が保釈された際の映像を放送。武井は「思ったより元気なのかな」としつつも「あんなにしおらしくしている瀧さんは今まで見たことなかったから、色んな思いがあるんだろうなって感じました」と印象を語った。そして「判決が出た後にお会いできたらなと思っている」と静かに語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年4月7日のニュース