西川史子 石野卓球ツイートへの賛否に「問題としては麻薬なんだよっていうところは忘れちゃいけない」

[ 2019年4月7日 11:18 ]

西川史子
Photo By スポニチ

 医師でタレントの西川史子(47)が7日、TBS「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反の罪で起訴され4日に保釈されたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(51)について、電気グルーヴの相方の石野卓球(51)がツイッターで「えー!?死刑じゃないの?」「早く瀧に会いたいなー」などとつぶやいたことに言及した。

 番組では、5日放送のフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で、石野のツイートに対して、MCを務める俳優の坂上忍(51)が「自分が発することが瀧さんに対してマイナスに働くようなことってやるべきじゃないんじゃないか」、コメンテーターの元衆院議員でタレントの東国原英夫(61)が「電気グルーヴを知らない人たちが見た時に“この人、社会人として大丈夫なのか”っていう目でみられるっていうことを自覚されているのか心配」などと発言したことを紹介。これに対し、石野がツイッターで「いまやTVじゃバカか老人しか誘導できないよ」などとつぶやいていることについて放送した。

 西川は「ツイッターとは言っても一応、芸能人なんで、こういうふうに(石野はツイートを番組で)扱われて、(フジテレビの)バイキングで扱ってっていうものが、ここで扱うのは私たちも踊らされていると思うんですが」と断った上で「でも、知らない人が見た時に1人は捕まって、1人はつぶやき続けて不思議なグループだなって思ってしまう。問題としては麻薬なんだよっていうところは忘れちゃいけないんじゃないかな」と指摘していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年4月7日のニュース