囲碁12歳プロ棋士、上野初段目標は「女流タイトル」

[ 2019年4月7日 05:30 ]

芝野虎丸七段と記念対局する上野梨紗初段=6日午後、東京都千代田区の日本棋院
Photo By 共同

 4月に囲碁のプロになった上野梨紗初段(12)が6日、東京都千代田区の日本棋院で若手実力者の芝野虎丸七段(19)と記念対局し、敗れた。尊敬する棋士に芝野を挙げていた上野は「いつも通り強かった。女流タイトルを獲得できるような棋士になって、世界で活躍したい」と話した。

 上野は2月に小学6年で女流棋士採用試験を突破。2年連続で年度最多勝利を記録中の芝野に対し、上野が「定先」というわずかなハンデをもらい打たれた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年4月7日のニュース