中居正広 18年前、恋人役で共演した女優と初めて食事「すげーいい子だった。なんであの時…」

[ 2019年4月7日 20:05 ]

中居正広
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(46)が6日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「中居正広 ON&ON AIR」(土曜後11:00)に出演。3月に終了した日本テレビ「ナカイの窓」最終回と兼ねて行った同局「ザ!世界仰天ニュース」(火曜後9・00)のハワイロケについてもトークした。

 同番組でハワイの高級物件巡りをした際にTBSドラマ「白い影」(2001年)で恋人役を演じた女優の竹内結子(39)がサプライズゲストとして出演。収録後、竹内も交えて初めて食事をし、お酒も飲んだという。

 若いころは共演者と積極的に会話することが少なかったそうで「オレ、竹内結子と飲んでる!みたいな」とちょっぴり興奮気味の中居。

 「初めて竹内結子ちゃんとお酒飲めてすっげーうれしかった。すげー…すげーいい子だった。なんであの時…。可愛かったんだよ、すげー。『白い影』の時から。可愛かったんだけど。なーんかしゃべれねって感じでさ。若かっ…若いっていっても30なろうとしてるぐらいじゃないかな。良かった、一緒にお酒飲めて」と若かりし日に積極的になれなかったことを悔いつつも酒席をともにできたことを素直に喜んだ。

 そんな竹内は所属事務所の後輩で俳優の中林大樹(34)と2月に再婚したばかり。「でも来る前に結婚したらしくて。あんま知らなくてさ。結婚してなかったらちょっとドキドキしただろうなー…うん」と消え入りそうな声で話す中居だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月7日のニュース