前代未聞のセレブによる大量裏口入学 米人気女優ら50人が関与

[ 2019年3月13日 10:50 ]

逮捕されたロックリン容疑者(左)とハフマン容疑者(AP)
Photo By AP

 連邦検察当局は12日、息子や娘を名門大学に入学させるための組織的な裏口入学に関与したとして、日本でもオンエアされた人気ドラマの「デスパレートな妻たち」に出演した女優のフェリシティ・ハフマン容疑者(56)や「フルハウス」のローリー・ロックリン容疑者(54)ら人気女優2人を含む弁護士、デザイナー、実業家ら50人(子どもの保護者は33人)を起訴。AP通信によれば、同日午後までにハフマン、ロックリン両容疑者を含む十数人が逮捕されたと報じられている。

 この事件では裏口入学で仲介役を務め、偽の慈善団体を立ち上げて謝礼を受け取っていたウィリアム・リック・シンガー被告が起訴され、罪状認否で総額2500万ドル(約28億円)に達するの謝礼を受け取ったとする起訴事実を認めていた。

 同被告はこの“セレブ資金”をもとにして、大学進学の適性試験「SAT」や「ACT」での不正や、本来なら大学のスポーツチームに入れないはずの子どもをスカウトさせるためにコーチらへの賄賂の手配を画策。試験では間違った回答を試験官が修正するという“サービス”が提供されていた。

 裏口入学の対象となったのはアイビーリーグの名門エール大のほか、スタンフォード、ジョージタウン、ウェイクフォレスト、テキサス、南カリフォルニア大、UCLAといった有名大学。謝礼金は最高で250万ドル(約2億7700万円)に達していたと伝えられている。

 ロックリン容疑者は2人の娘を競技歴のないボートの選手として、南カリフォルニア大にスカウトさせていたことが発覚。裁判所の資料によればハフマン容疑者はシンガー被告の慈善団体に1万5000ドル(約167万円)を寄付し、ロサンゼルスの自宅で慈善団体のスタッフを装った男性に「試験はきちんとコントロールされていて、誰かが娘さんの解答を書き換えてくれる」という説明を受けたことが明らかになっている。 

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年3月13日のニュース