志らく 287店休業の大戸屋に「数人のおかげで無茶苦茶なことに」

[ 2019年3月13日 14:20 ]

立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らく(55)が13日、コメンテーターを務めるTBSの情報番組「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に生出演。定食チェーンの「大戸屋ホールディングス(HD)」が12日に、従業員の再教育のため国内店舗の約8割に当たる287店を休業したことに言及した。

 同社は、アルバイトが不適切な行為を行っている動画がインターネットに投稿されていたとして2月に公式サイトで謝罪。動画はマスク姿のアルバイトが股間をトレーで隠してふざける様子が写っていた。この不適切動画を受け、再発防止を徹底するために従業員の再教育を行った。

 志らくは、同社について「1億円の損失どころじゃないですよ」と指摘。よく大戸屋に行っていて、昨日も横浜での仕事後に夕食を食べる場所を探している際、大戸屋の看板を見たと言い「“大戸屋、えっ”って一瞬止まるんですね。結局、前通ってやってなかった。きょうは一斉休業なんだって。みんな、そうやってどっかに頭に引っかかる」とし、「ものすごいイメージダウンですよ。下手すりゃ店の名前変えないといけないくらいのことですから。やっぱり仕事に対するプライドをちゃんと持たせないと。ほんの数人のおかげで無茶苦茶なことになっちゃいますよ」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年3月13日のニュース