酒井法子 11年ぶり歌番組出演「緊張して真っ白」 ヒット曲「碧いうさぎ」披露

[ 2019年3月13日 08:00 ]

11年ぶりにテレビで歌う酒井法子
Photo By 提供写真

 歌手の酒井法子(48)が11年ぶりに歌番組に登場する。27日に放送されるテレビ東京の特番「THEカラオケ★バトル―またそれやっちゃう?あの大ヒット曲、ご本人は何点出せるのかSP!―」(後6・55)で歌唱。

 毎週水曜日の通常放送はプロ、アマ問わず歌自慢がカラオケ採点機で得点を競うが、特番では歌手が自身の歌で何点出せるのか挑む。酒井は95年のヒット曲「碧いうさぎ」を披露した。テレビでの歌唱は、08年4月に出演したNHK「SONGS」以来で、09年の薬物事件後初めて。

 収録では司会の堺正章(72)から、出演オファーがあった時の心境を聞かれ「“地上波キター”みたいな感じでした」と大喜び。意気込みについては「頑張るピ」とのりピー語で語った。マイクスタンドの前に立つと一瞬緊張の色を浮かべたが、手話を交え伸びやかな声で歌い切った。

 収録後、酒井は取材に「“いつもと一緒、いつもと一緒”と念仏のように唱えてみたけど、緊張して真っ白になっちゃった。気が付いたら終わっていました」と率直な感想を語った。11年ぶりにテレビで歌を披露することについては「誰かが勇気を出して私を(番組に)呼んでくれたんだと思うとうれしいし、チャンスをいただけてありがたいです」と感謝した。

 15、16日には台湾でディナーショーを予定し、音楽活動は順調。「女優業は?」の質問には「やらせていただけるのなら喜んでやります」と笑顔。本格的なテレビ復帰の一歩となるのか注目される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年3月13日のニュース