菊地亜美 4カ月で10・5キロ減“ぽっちゃりキャラ”卒業を宣言「本当にやって良かった」

[ 2019年3月13日 13:34 ]

「RIZAP新CM発表会“ぽっちゃりキャラ”卒業式」に登壇し、スリムになった姿を披露した菊地亜美
Photo By スポニチ

 タレントの菊地亜美(28)が13日、都内で行われた「RIZAP新CM発表会」に出席。“ぽっちゃりキャラ”卒業式と題して、4カ月で10キロ超の減量に成功し、スレンダーになった姿を披露した。

 菊地は昨年2月に5歳上の一般男性と結婚し、同10月に大阪で挙式・披露宴を行った。菊地は「旦那と両親にキレイなウェディングドレス姿を見てもらいたい。そして、美しい妻として幸せな結婚生活を送りたい」という思いから一念発起。約4カ月の挑戦で、60・2キロから49・7キロまで10・5キロの減量に成功した。

 「デビューの時は太っていなくて、そのあと、(ダイエットを繰り返し)やせたり太ったり繰り返していて、バラエティーでもいじられるし、やせなくてもいいかなと思っていた」という菊地。結婚式を控え、RIZAPからの話で今回の挑戦を決めたといい、「最初の1週間でやせたらうれしくて…。結構楽しんでやりました。食べ物が違っただけで満腹感もあったので、イライラとかしなかった。本当にやって良かった」とにっこり。夫からも「本当にやって良かったね」と言われたといい、「洋服のサイズも変わって、デニムなども4インチぐらい変わった。本当にやって良かった。こういう水着を着られてうれしい」と満面の笑みを浮かべた。

 挙式後の昨年11月にイベントに出席した際には「結婚式のためにやせた」と明かしつつ、「(どのくらいやせたかは)まだダイエット中なので、やせきったらお知らせします」と語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年3月13日のニュース