ピエール瀧容疑者が声の出演 ゲーム「JUDGE EYES:死神の遺言」販売自粛

[ 2019年3月13日 13:36 ]

 コカインを摂取したとして12日に麻薬取締法違反の疑いで関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された音楽ユニット「電気グルーヴ」のピエール瀧容疑者こと瀧正則容疑者(51)が声の出演をしていたPlayStaition4用ゲームソフト「JUDGE EYES:死神の遺言」が販売を自粛した。13日、セガゲームスの公式サイトで発表された。影響は多方面に及んでいる。

 瀧容疑者は松金組若頭・羽村京平の声を演じた。発表は以下の通り。

 弊社製品『JUDGE EYES:死神の遺言』の出演者であるピエール瀧容疑者が逮捕されたことは、大変遺憾なことと受け止めております。

 弊社では逮捕報道を受け、現在事実を確認中ですが、当面の間、当該製品の出荷及びDL販売、製品HPの掲出等を自粛させていただくことといたしました。お客様ならびに関係の皆様にご迷惑をおかけいたしますことお詫び申し上げます。

 今後の対応につきましては、検討の上決まり次第、お知らせしてまいります。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年3月13日のニュース