祇園、霜降り明星ブレークに刺激「空いた仕事は全部やる」

[ 2019年3月13日 17:11 ]

コンビ結成10周年記念「お待たせしました 祇園のDVDです!」を発売した祇園の木崎太郎(左)と桜井健一朗
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「祇園」が結成10周年記念しのDVD「お待たせしました 祇園のDVDです!」を13日、発売。大阪市内でイベントに臨んだ。

 よしもと漫才劇場の男前ランキングで16年から1、4、2、2位と毎年ベスト5に入るボケ担当の木崎太郎(33)。彫りの深いイケメン顔で超ナルシスト。お肌の手入れにも気を使い「男前」で売り出し中だ。相方・桜井健一郞(34)とのコンビで女性からの人気は若手でトップクラス。昨年も20校の学園祭に呼ばれ、アキナに続いて2位となった。今年の目標に「学園祭キングになること」と木崎は打倒・アキナを掲げた。

 さらに本業の漫才でも今年こそ大ブレークを目論む。DVDには漫才8本とコント3本が収録されており「これまでの自信作を並べています」と桜井。昨年は上方漫才大賞新人賞を受賞。もうひと皮剥けるためにも「関西の賞レースで1番になること。そしてM―1で決勝に出ること」と木崎は宣言した。過去のM―1は準々決勝が最高。決勝進出に向けて新しいネタも模索中だ。

 後輩の霜降り明星がM―1を制覇。「刺激になります」と桜井。「霜降りが東京へ行くので、空いた仕事は全部やりますよ」と木崎は貪欲。10年目こそ全国区へ羽ばたきたい。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年3月13日のニュース