バカリズム、3年ぶり「番組バカリズム」 レギュラー希望もゴールデン進出は狙わず

[ 2018年4月27日 18:21 ]

「番組バカリズム4」の取材会に出席した(前列左から)角田晃広、バカリズム(後列)サイバージャパンダンサーズ
Photo By スポニチ

 お笑い芸人のバカリズム(42)、お笑いトリオ「東京03」の角田晃広(44)が27日、東京渋谷区のNHK放送センターで行われたNHK BS「番組バカリズム4」(6月3日放送、後0・00)取材会に出席した。2013年からスタートしたシリーズの第4弾。バカリズムのシュールなコント、ドラマ風のロケコントや映像ネタなどバラエティーに富んだオムニバス形式で構成して披露するネタ番組で、今回が3年ぶりの放送となる。

 4弾ではおなじみの歌番組コント「歌う人生劇場」のほか、番組初の時代劇風のロケコント、会社内ロケコントなどがあり、ゲストに角田、千葉雄大(29)、川口春奈(23)、小木茂光(56)、オードリーの若林正恭(39)らを迎える。初回から3弾までは年に1回の放送だっただけに、3年のブランクにバカリズムは「なくなったのかと思った」と苦笑。「そしたら急に話がきて、またやらせていただけると。コンスタントに続けさせていただけるのであれば、年1でやらせていただきたい」と意欲的。

 しかし、深夜放送からゴールデンなどもっと早い時間帯での放送は「特に狙っていない。好きなようにやらせてもらえるのが、1番僕にとって魅力的。時間はそんなにこだわっていないですね」と語った。また、今回は女性ダンサー集団「サイバージャパンダンサーズ」が初登場し、歌って踊る。キャスティングはバカリズムの希望で「だいぶ前に、オードリー若林さんが好きで『動画よ観ている』と言っていて名前は聞いていた。僕も動画見て衝撃受けて、いつか『歌う人生劇場』でやっていただきたいなと思って。ダメ元でおねがいした」と告白。その言葉にサイバージャパンダンサーズのメンバーは「本当ですか? うれしい」と起用を喜んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年4月27日のニュース