テリー伊藤 国分の涙の謝罪を見なかった山口に苦言「人生に向き合っていない」

[ 2018年4月27日 11:01 ]

テリー伊藤
Photo By スポニチ

 演出家でタレントのテリー伊藤(68)が27日、MCを務めるTBS「ビビット」(月〜金曜前8・00)に出演し、自宅マンションで女子高校生に無理やりキスをするなどしたとして、警視庁に強制わいせつ容疑で書類送検され、無期限謹慎処分となったTOKIOの山口達也(46)について言及し「自分と人生に正直に向き合ってきていない」と指摘した。

 番組では、26日に行われた山口の緊急会見について、冒頭から1時間以上にわたって特集。VTRを見たテリーは「山口君は自分と人生に正直に向き合ってきていないなと感じた。例えば、昨日の会見の中で、(国分)太一さんが涙ながらに彼のことを思って謝罪したが、それも見てない。新聞も見てない。おそらく彼はきょうも(この番組を)見ていない。現実を見ない」と強調した。

 また、アルコール関連で入院し、退院日に事件を起こしたことには「どう考えてもアルコール依存ですよ。それを自分の中で理解していない。認めない。すごくきれいな言葉を続けているが、本当にリアルに自分のことを見つめていれば…。離婚会見の時も彼は酒のことを言ってます」と離婚原因にも触れた。その後も行動は変わっていないと指摘し、「TOKIOの足手まといになっている。足手まといになるんだったら、自分はいらないんだというくらいの、外してくれとあそこ(会見)で言うくらいの思いがないと世の中に伝わらないと思う」と訴えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年4月27日のニュース