宝塚 今春入団104期生が初舞台 ラインダンスも披露

[ 2018年4月27日 18:40 ]

舞台稽古でラインダンスを披露する104期生
Photo By スポニチ

 宝塚歌劇団星組公演「ANOTHER WORLD/Killer Rouge」が27日、兵庫・宝塚大劇場で開幕し、今春入団した第104期生40人が初舞台を踏んだ。

 本公演の前には緑のはかま姿でズラリと居並び、首席入団の碧音斗和(あおね・とわ)が「清く正しく美しくの教えを胸に精進してまいります」と口上を述べた。さらに、2部のショーのクライマックスで恒例のラインダンスを披露。森山直太朗やコブクロらの桜にちなんだ楽曲をつなげた約4分45秒のメロディーに合わせ、ハードな足上げにも精いっぱいの笑顔を見せた初舞台生に、超満員の客席からは温かい拍手が起こった。公演は6月4日まで。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年4月27日のニュース