19歳で肝臓がん、余命半年宣告…アフラックCM出演女性が死去

[ 2018年3月26日 05:30 ]

 19歳で肝臓がんのため余命半年と宣告され、生命保険会社「アフラック」のCMに出演した山下弘子さんが25日、亡くなった。同社によると、1992年生まれ。山下さんのサイトのブログで、夫が「今朝6時過ぎに、ひろは旅立ちました」と報告した。

 2016年にCM出演。再発や転移を繰り返しながら、前向きに闘病する姿が注目された。昨年6月、結婚。ブログによると今年2月末に入院し、3日連続の緊急手術が施された。その後、眠ったまま息を引き取った。夫は「苦しい思いをさせることもなく、また、ゆっくりとお別れの時間を取ることができました」とつづっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年3月26日のニュース