「半分、青い。」脚本・北川悦吏子氏「チャラ男」の生みの親?造語は好き 今作は「ふぎょぎょ」

[ 2018年3月26日 08:00 ]

脚本家・北川悦吏子氏インタビュー(下)

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の脚本を手掛ける北川悦吏子氏(C)Photo by LESLIE KEE
Photo By 提供写真

 フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」やTBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏(56)がNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(4月2日スタート、月〜土曜前8・00)を担当。初の朝ドラ脚本に挑む。

 女優の永野芽郁(18)がヒロインを務める朝ドラ通算98作目。岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜け、一大発明を成し遂げる姿を描く。北川氏のオリジナル脚本。

 ヒロインが驚いた時などに言う「ふぎょぎょ」は北川氏の造語。「自分で言葉を作るのは結構好きですね。『チャラ男』って初めて言ったのは私なんですよ(笑)。もしかしたら同時発生的に日本中で言い出したのかもしれないけど(笑)。『愛していると言ってくれ』で『チャラ男』と書いた瞬間は覚えているんですよね。撮影現場で『チャラ男』が凄く流行りました」と秘話を明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年3月26日のニュース