藤井フィーバーで名古屋会場を新設 船江六段「年々難しく…」

[ 2018年3月26日 05:30 ]

第15回詰将棋解答選手権チャンピオン戦

 今大会は藤井フィーバーの影響が考慮され、新たに名古屋会場が設けられた。

 藤井とともに参加したプロ、10年優勝者の船江恒平六段(30)は「年々難しくなっている。(満点は)100回やっても取れない」と苦笑い。藤井と同じ杉本昌隆七段(49)門下の渋江朔矢三級(13)は、自作の詰め将棋を出題してくれたという兄弟子へ「毎日努力されていて、雲の上の存在です」と憧れを強くしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年3月26日のニュース