ハリルJ 親善試合マリ戦視聴率は12・1% 格下相手にドロー 瞬間最高は16・7%

[ 2018年3月26日 09:50 ]

<日本・マリ>後半、ロスタイムに同点ゴールを決めた中島
Photo By スポニチ

 テレビ朝日系で23日に生中継されたサッカー「国際親善試合・日本―マリ」(後9・04〜同11・20)の平均視聴率が12・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが26日、分かった。

 試合は、30歳の誕生日当日に代表デビューとなった右サイドバックの宇賀神(浦和)が与えたPKで前半に先制を許したが、代表初招集の中島(ポルティモネンセ)が後半アディショナルタイム(A・T)に決勝ゴールを決めて1―1で引き分けた。

 瞬間最高視聴率は午後10時54分に記録した16・7%だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年3月26日のニュース