代理母出産「ミヤネ屋」で報告 丸岡いずみ「目元は私、あとは有村に似ている」

[ 2018年1月24日 05:30 ]

元日本テレビキャスターの丸岡いずみ
Photo By スポニチ

 今月3日に代理母出産で男児が誕生した映画評論家の有村昆(41)、元日本テレビキャスターの丸岡いずみ(46)夫妻が23日、滞在先のロシア・モスクワから日本テレビ「ミヤネ屋」に生出演し、男児の様子などを明かした。ロシアの代理母のもとで生まれた男児を世話するため同地に滞在しており、夜に3時間おきにミルクを与えていることを報告。丸岡は「目元は私、あとは有村に似ている」とうれしそうに語った。

 23日発売の女性誌で代理母出産を公表した理由について、メディアで働く身であることから「隠して仕事をするのは不可能に近い」とした上で「この後続く皆さんの思いも背負うのが筋だと思った」と説明。不妊治療を含め多額の費用がかかったことで貯金が底をついたといい、有村は約1000万円を投じたかつての愛車デロリアンを引き合いに「デロリアンは二度と買えない」と話した。

 また、03年に代理母出産で双子の男児が誕生したタレントの向井亜紀(53)はこの日、ブログで「ものすごーく静かに応援しておりました」と祝福した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2018年1月24日のニュース