インフル禍の芸能界、予防接種事情は…タレント全員強制の事務所も

[ 2018年1月24日 11:40 ]

 今冬のインフルエンザの猛威に芸能界も襲われている。イベントを欠席したり、番組出演を見送るタレントが続出。代役が登場するなど、突然の発症に振り回されている印象があるが、実は予防接種を受けている芸能関係者の割合は高い。記者の周囲にいるサラリーマンよりずっと接種している人が多い印象だ。

 ドラマや映画の撮影、舞台の稽古は基本的に団体行動。比較的狭い空間に大勢が長時間一緒にいる。それだけに、他人にうつす可能性のある病気には人一倍気を遣っているようだ。

 芸能事務所によっては、タレントをはじめ、マネジャー全員、予防接種を受けることを強制している。舞台の場合も出演者、スタッフがあらかじめ接種しているケースが多いという。

 有名女優のマネジャーは「稽古や撮影の現場には、ほかの事務所に所属する売れっ子タレントさんもいる。その人にうつして、仕事に穴を開けさせてしまったら…と思うとぞっとする」と打ち明ける。このマネジャーは毎年、予防接種を受けているそうで「受けていないでインフルエンザになってしまった場合、言い訳ができないけれど、できるだけの予防策をしていた結果であれば、あきらめもつくので」と話す。

 人気俳優のマネジャーも「予防接種を受けないでかかってしまった時、“責任感がなさすぎる”と思われるのは間違いないので必ず受けています」と説明する。

 一方で「予防接種を受けていてもかかることはあるので、受けない」というタレントもいる。その場合でも「人混みでは必ずマスクをして、防寒にも気を遣い、うがい、手洗いをまめにするなど、できるだけのことはしています」としている。

 仕事を休む場合、ニュースにもなる芸能人。この季節の舞台裏は見えない敵との闘いもある。(記者コラム)

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2018年1月24日のニュース