IKKO カツラ人生を選択したワケ「お帽子って言ったら怖くなくなった」

[ 2018年1月24日 12:11 ]

美容家でタレントのIKKO
Photo By スポニチ

 美容家でタレントのIKKO(56)が23日深夜放送のテレビ東京「チマタの噺」(火曜深夜0・12)に出演。カツラ人生を選択した理由を明かした。

 和服姿で登場したIKKO。MCの笑福亭鶴瓶(66)から髪の毛について「それはカツラなの?」と指摘されると「そうです」とうなずき、カツラ人生を歩むことにした理由を語り始めた。

 40代のこと。当時は痩身でドレスなどをよく着用していたが、実はダイエットのし過ぎで髪の毛が無くなってしまったという。「(頭皮が)透けてみえるし、どうしようって思った」。そこで「髪を短くすれば栄養がいきやすくなるから」と、金髪のベリーショートにし、その間だけカツラをして過ごすつもりだったと明かした。

 しかし「生え際をこうやって(ジロっと)見るんです」と、頭皮チェックをする人が多くいたため「もういいやって」とカミングアウト。「“お帽子”って言ったら、怖くなくなった。1回(カツラだと)言ったら楽になった」と、カミングアウトしたことをきっかけに、カツラを着用する人生を選択したと説明した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2018年1月24日のニュース