カンニング竹山 亡き相方を追悼「お〜い!まだ1人でなんとか踏ん張ってんぞ!」

[ 2017年12月20日 13:31 ]

カンニング竹山
Photo By スポニチ

 お笑い芸人のカンニング竹山(46)が、06年に亡くなった相方・中島忠幸さん(享年35)の命日である20日、ツイッターを通じて中島さんに「お〜い!まだ1人でなんとか踏ん張ってんぞ!」と呼びかけて追悼した。

 竹山は「1人カンニングになって今日で11年。。。」と振り返り、天国の中島さんに向けて「お〜い!まだ1人でなんとか踏ん張ってんぞ!」と呼びかけた。さらに「最近のガキは俺らの事は知らんらしい。時代やな」とコンビ時代に思いをはせてしみじみ。最後は「悪いが有馬記念だけなんとか当てさせてくれ!頼むわ」と願いを込めて、締めくくった。

 竹山は小学校の同級生だった中島さんと1992年、お笑いコンビ「カンニング」を結成。しかしブレーク直後の2004年、中島さんは白血病のため入院。入退院を繰り返し、治療を続けたが、06年12月20日に35歳の若さでこの世を去った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2017年12月20日のニュース