釈由美子 産後ダイエット決意のきっかけ「子供に…屈辱的だった」

[ 2017年12月20日 13:08 ]

Day+「目指せ−50キロ!女芸人100日のキセキ」結果発表イベントに出席した釈由美子
Photo By スポニチ

 女優の釈由美子(39)が20日、都内で行われた「Day+自然の恵み生酵素スムージー」PRイベントにお笑いトリオ「安田大サーカス」とともに登場。産後ダイエットを決意したきっかけを明かした。

 昨年6月に第1子となる長男を出産。1児の母とは思えないスラリとした姿で登壇すると、「昨年出産して、産後太りが凄くて…。先日、ドラマで水着のシーンがあって、1カ月前からパーソナルトレーニングでダイエットを頑張ってました」とニッコリ。それでも「産後はちょっと戻らなかった」といい、「体重的には6キロすぐに落ちたんですけど、お腹周りがちょっと。子供につままれたりしていて、それが屈辱的だったので」と苦笑いを浮かべた。

 長男は1歳半だが、2人目については「ご縁があればぜひ。こればかりは神様が決めることですから」とニッコリ。「(今後も)仕事とプライベートのバランスを取りながら。山も登りたいです。しばらく登っていないので、来年から復活したい」と話した。

 仕事面での来年の目標を聞かれ、「ミュージカルにチャレンジしたい」と意外な告白。「歌も、踊りも全くできないんですけど、先日、ミュージカルを見て、物凄く感動したので、来年はちょっとレッスンから始めて。いつかミュージカルの舞台に立つのが夢ですね」と意欲を見せ、「「心配ないさー!」とおなじみフレーズを披露するも、団長安田(43)からは「現状では舞台に立つレベルではない」と厳しい言葉をぶつけられていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年12月20日のニュース