NHK 平昌五輪キャスター発表 開会式は桑子アナ、上村愛子氏ら

[ 2017年12月20日 15:52 ]

NHK平昌五輪キャスター発表会に登場した(左から)桑子真帆アナ、冨坂和男アナ、上村愛子、杉浦友紀アナ
Photo By スポニチ

 NHKは20日、来年2月に行われる平昌冬季五輪の現地キャスターを発表した。同日行われた放送総局長会見で発表した。

 開会式は「ニュースウォッチ9」のキャスターを務める桑子真帆アナウンサーと、11大会連続11回目の五輪担当となる富坂和夫アナウンサーと、モーグルで5大会連続五輪出場の上村愛子氏の3人で担当する。

 桑子アナは五輪キャスターは初めてで、開会式を担当するのはともに初めて。富坂アナは中継番組も担当する。桑子アナは「いよいよ始まるんだというドキドキ感、そしてどんなパフォーマンスを見せてくれるんだろうというワクワク感が最高潮に達する開会式。寒さに負けず、会場の熱気をアツくお伝えします」とコメント。

 桑子アナは「第68回NHK紅白歌合戦」の総合司会に続いての抜てき。木田幸紀放送総局長は「フレッシュな感覚を爽やかにスタートしていただきたい」とエールを送った。閉会式は鳥海貴樹アナウンサーと「サンデースポーツ」「サタデースポーツの」杉浦友紀アナウンサーが担当。鳥海アナは開閉会式のキャスターは初めてで、杉浦アナは現地キャスターは3回目で、閉会式はリオ五輪に続いて2回目。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年12月20日のニュース