乃木坂46 3期生「お見立て会」で過酷すぎるサプライズ発表

[ 2016年12月10日 16:38 ]

乃木坂46 3期生「お見立て会」、6作目のシングル「ガールズルール」を披露した乃木坂46、3期生の(前列左から)久保史緒里、山下美月、大園桃子、(中列同)阪口珠美、向井葉月、与田祐希、伊藤理々杏、岩本蓮加、(後列同)吉田綾乃クリスティー、中村麗乃、佐藤楓、梅澤美波
Photo By スポニチ

 9月のオーディションで新たに加入した乃木坂46の3期生12人が10日、東京・日本武道館でお披露目された。

 年末恒例となった「メリークリスマスショー」の武道館公演の最終日に開催された「お見立て会」で、来年2月に東京・渋谷の「アイア 2.5 シアタートーキョー」で「3人のプリンシプル」を上演することがサプライズ発表された。第一幕はオーディションで、観客の投票により第二幕の出演者が決まるという、いきなり過酷な演出の洗礼を受ける。先輩たちもかつて演じたもので、山下美月(17)は「先輩たちの“プリンシプル”での活躍を見てきたので、自分たちがやるとなると不思議な感じがしますが、全力で頑張ります」と初々しく宣言。大園桃子(17)は「勉強します!」との一言にやる気を込めた。

 約1万2000人ものファンの前で初となる歌唱パフォーマンスも。「命は美しい」「裸足でSummer」「ガールズルール」で、それぞれ大園、与田祐希(16)、山下がセンターを務めた。

 また、特技を披露するコーナーでは、梅沢美波(17)がバレーボール、中村麗乃(15)が横笛、向井葉月(17)がギターに挑戦。与田が一輪車を操ると、一際大きなどよめきが起きた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年12月10日のニュース