こじるり 結婚質問ついに出ず?「誰も聞かない」も「いい機会あれば」

[ 2016年12月10日 19:41 ]

アーケードゲーム「鉄拳」の世界大会でプレゼンターを務めた小島瑠璃子
Photo By スポニチ

 タレントの小島瑠璃子(22)が10日、都内で行われたゲーム大会の表彰式にサプライズプレゼンターとして登場、会場を沸かせた。

 バンダイナムコエンターテインメントのアーケード用3D対戦格闘ゲーム「鉄拳7」の最強プレイヤーを決定するグランドファイナル大会で、予選を勝ち抜いた世界9カ国の32人が参戦。優勝し“鉄拳界で一番強い奴”の称号を得た韓国の男性に英語で「アイ・アム・フェイマス・TVタレント」と自己紹介した。ところが、英語は通じていなかったらしく、終了後の囲み会見で、「TVアクトレスって言わなきゃ通じないんですって。残念です」と苦笑いを浮かべた。

 「今年の漢字を1字で現すと?」と聞かれると、「“初”です。初演技もしたし初のラジオもやらせていただいた」と話した。

 今月23日が誕生日で、24日のクリスマスイブ、25日のクリスマスと“イベント続き”。「クリスマスは握手会でファンと交流できます。誕生日は毎年、母と過ごすんですよ。今年も帰ってのんびりしようかな」。囲み会見では恒例と化している結婚関連の話題だが、この日は最終盤になってようやく飛び出した。記者の1人が「ついに(結婚関連の話題や質問が)出なくなりましたねえ?」と話を振ると、「誰も聞かないからですよ(笑い)」とし、「来年あたり?まだ早いかなあ。(所属する)ホリプロもそっちに理解がないわけじゃないので、いい機会があれば、考えてもいいかなあ」と等身大の22歳の素顔をのぞかせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年12月10日のニュース