友人で歌手のパティ・スミスがディランの歌披露 ノーベル賞授賞式

[ 2016年12月11日 01:41 ]

ノーベル賞の授賞式で、文学賞のボブ・ディラン氏の名曲「はげしい雨が降る」を歌うパティ・スミス
Photo By 共同

 スウェーデン・ストックホルムでの10日夕(日本時間11日未明)の2016年のノーベル賞授賞式には、文学賞に決まった米国の詩人で歌手のボブ・ディラン(75)は欠席。友人で歌手のパティ・スミス(69)がディランの代表曲「はげしい雨が降る」を披露した。

 同曲は1962年に米ソ間で核戦争勃発の緊張が一時高まったキューバ危機のころに書かれ、反戦ソングとして知られる。

 授賞式直後の10日夜の晩さん会でディランのスピーチが代読される。晩さん会は一連の公式行事の一部。ストックホルム市庁舎で行われ、国王らも出席する予定。

 ディランに影響を受けたスミスは9日、昨年のノーベル経済学賞受賞者のアンガス・ディートン米プリンストン大教授との対談で「(詩を)書くことにし、演奏するようになって、ディランさんらから影響を受けた」と話した。

 ディランに憧れを抱き米ニューヨークで活動したスミスは75年にアルバムデビュー。「パンクロックの女王」としてカリスマ的人気を誇り、2007年にはロックの殿堂入りした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年12月10日のニュース