引退発表一夜明け…長谷川穂積、家族サプライズ登場に感激

[ 2016年12月10日 12:07 ]

MBS「せやねん!」に生出演し、共演者と記念撮影に収まる長谷川穂積(後列左中央付近)=MBS提供
Photo By 提供写真

 9日に引退を発表したボクシングWBC世界スーパーバンタム級王者の長谷川穂積(35=真正)が10日、MBSの情報番組「せやねん!」に生出演。サプライズで家族が番組最後に登場し、妻・泰子さん(37)、長男・大翔くん(13)、長女・穂乃ちゃん(10)から花束が送られた。

 泰子さんからは「本当にお疲れ様でした。たくさんの感動をありがとう」とねぎらわれ、感激の表情。番組では17年間のプロ生活をVTRで振り返り、17年前にプロデビューした11月22日に引退を決めたことも明かした。

 長谷川はプロ通算41戦36勝(16KO)5敗。9月16日のウーゴ・ルイス戦で日本人最年長記録(35歳9カ月)で王座を獲得し、これが最後の試合になった。WBC世界バンタム級時代(2005~10年)には日本人3位の連続10度の防衛を記録。10年11月にWBC世界フェザー級王座、16年9月にWBCスーパーバンタム級王座を獲得。日本人史上4人目の3階級制覇を達成した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年12月10日のニュース