成宮寛貴「事実無根」から急転、電撃引退!とどめは“肉声”流出

[ 2016年12月10日 06:15 ]

芸能界引退を発表した成宮寛貴
Photo By スポニチ

 成宮寛貴の違法薬物使用疑惑が報じられてから1週間。成宮と所属事務所は疑惑を「事実無根」と否定し「あらゆる法的措置を取る」としていたが、事態は急転し、芸能界引退を表明した。性的指向が取り沙汰されたことに加え、“とどめ”となったのは、9日発売の写真週刊誌「FRIDAY」が報じた、コカインを隠語で呼ぶ成宮の肉声データ。出演ドラマの制作が進行していたテレビ朝日は混乱している。

 引退決断へ、とどめを刺したのは“金曜砲”の2発目だった。9日の「FRIDAY」は前週号に続き、成宮のコカイン吸引疑惑を報道。成宮が友人を名乗る男性にコカインを要求したという肉声データの一部を紹介し、その中でコカインを「チャーリー」と呼んでいる。

 違法薬物に詳しい関係者は「よく知られたコカインの隠語。ドラッグ使用者なら誰でも知っている」と指摘。前週号では成宮が自宅で空き缶に穴を開け大麻を吸ったと報じており、「典型的な大麻の吸い方の一つ。得られる効果は少ないが、缶はすぐに捨てられるので物証を消しやすい」と説明した。

 同誌によると、成宮と男性は11月8日夜に東京・六本木のレストランの個室で食事。成宮から求められ、男性が近くの路上で外国人密売人からコカインを購入し、成宮はレストランで1000円札を巻いてストローを作り吸引。その後、自宅マンションでも吸引したという。

 成宮の知人によると、成宮はこのレストランに男性に連れられて来店。実際、店から歩いて1分もかからない場所には密売人がおり、飲食店従業員の女性らに試供品のように違法薬物を手渡す光景も見られるという。

 成宮は所属事務所による尿の薬物鑑定で陰性だった。薬物依存の更生施設・館山ダルクの十枝晃太郎代表は「人によって違うが、薬物使用から4日から1週間たてば検査しても反応が出ない」と説明。1000円札を使った吸引の仕方は「コカインを吸うにはストローが必要。お札や手近にある紙を巻いてストローにして使うこともある」とした。

 成宮の薬物疑惑について、現段階では警察などが捜査しているわけではない。十枝氏は自身が薬物依存症と向き合った経験から、成宮が店でも吸引したとの疑惑に「有名人なのにずいぶん大胆だなという印象。たいていは家でこっそり限られた仲間と使う」と話した。

 ▽コカイン 南米に生育する「コカ」の木の葉から抽出される物質。通常は白色の粉末。中枢神経に覚醒作用を及ぼし、局所手術用麻酔としても使用される。多幸感、やる気、自信が得られるが、効果が切れると不眠や疲労、焦そう感、うつなどの症状が出る。身体、精神両面に強い依存性があり、すぐに耐性もつくことから、摂取量が次第に増える傾向がある。主な隠語は「チャーリー」と「鼻ちゃん」。薬物に詳しい関係者によると「隠語は(米俳優の)チャーリー・シーンが使っていたことに由来するらしい」という。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年12月10日のニュース