森川葵 ノンスタ井上の声にキュン「目を閉じて聞いていたら…」

[ 2016年12月10日 12:16 ]

映画「A.I.love you」初日舞台あいさつに登壇した森川葵
Photo By スポニチ

 女優の森川葵(21)が10日、都内で行われた映画「A.I.love you」(監督宮木正悟)の初日舞台あいさつに、上杉柊平(24)、中村アン(29)、石田明(36)、宮木監督、井上裕介(36)とともに登壇した。

 同作は、日本映画史上初となる全編スマートフォンで撮影された新感覚デジタルラブストーリー。パティシエになって自分の店を開きたいという夢を持つ主人公の星野遥(森川)がエリートイケメンシェフ(上杉)とA.I.(人工知能=声・斎藤工)と前代未聞の三角関係を繰り広げる。自身が演じた役に共感する点を聞かれた森川は「夢を追いかけているというのは同じなのかなと思います」と話し、A.I.に恋するという点については「斎藤さんのあんなにいい声だったら、ちょっと好きになっちゃうかもなあって思いました」とニッコリ。中村も「顔は関係なく、声(で恋すること)はあると思います。なのでこのお話はまんざらでもないなと思いました」と吐露した。

 また、イベントでは上杉、石田、井上の3人がスマホのパネルの裏に隠れ、劇中で斎藤演じるA.I.が言ったセリフを言い、森川と中村は誰の声が一番キュンとするかという企画も行われた。3人のセリフを聞いた森川は「誰が言っているか分かっちゃうから1番(上杉)を選ぶべきなのかなと思っちゃったんですけど、でも目を閉じて聞いていたら、“あれ!?3番(井上)がいいかも”って思っちゃった」と打ち明け、中村も「1番なんですけど、毎日帰って話すには2番(石田)もありかな」と意外にも2人はNON STYLEを指名し、会場を沸かせた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年12月10日のニュース