撮り直し「24時間TVドラマ」放送 代役小山にネット絶賛&労い

[ 2016年8月27日 23:16 ]

 23日に強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕された俳優の高畑裕太容疑者(22)が降板した日本テレビ「24時間テレビ39」内のスペシャルドラマ「盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~」が27日午後9時13分から放送された。NEWSの小山慶一郎(32)が出演時間にして約4分間、見事に代役を務めた。

 オープニングで役名と出演者のテロップ。「榊京太 小山慶一郎」と表示された。

 「盲目のヨシノリ先生」はNEWSの加藤シゲアキ(29)が主演を務め、女優の沢尻エリカ(30)が妻役を演じる。埼玉・皆野中学校で全盲の教師として教鞭を執る新井淑則(よしのり)先生の実話を基に、34歳で両目を失明した新井さんの苦悩と、再び普通学校の学級担任に返り咲いた喜びを描く。

 小山が演じたのは、主人公のリハビリを担当する重要な役。最初に登場したのは午後10時25分。同28分まで約3分間、歩行訓練などのシーンで、加藤と小山の2人芝居。小山のセリフは少なくなかった。

 次の登場は午後10時35分。盲導犬を連れて歩けるようになった主人公を称え、抱き合うシーンだった。

 代役が小山に決まったのは24日。翌25日から撮り直した。

 インターネット上には「代役を引き受けた小山君、数日でセリフ覚えて、あの演技。すごい」「小山君、とても素晴らしい演技でした。感動しました。短時間の撮影、お疲れさまでした」「小山君、頑張りましたね!台詞で言っていましたが、あなたのことですよ」などと絶賛、労いの声が相次いだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年8月27日のニュース