高畑淳子、裕太容疑者に引導 芸能界復帰「してはいけないこと」

[ 2016年8月27日 05:30 ]

謝罪会見で涙を浮かべながら質問に答える高畑淳子

 俳優の高畑裕太容疑者(22)が強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕された事件で、母親で女優の高畑淳子(61)が26日、都内のホテルで謝罪会見を行った。何度も涙を拭い、言葉を詰まらせながら「申し訳ないと言うしか言葉が見つからない」とうつむいた。裕太容疑者の将来的な芸能界復帰について「してはいけない」と厳しく断罪した一方、「どんなことがあってもお母さん」と肉親の情を見せた。

 午前9時、報道陣約300人の前に姿を見せた淳子は黒の上下に身を包み、憔悴(しょうすい)しきった様子。会見前日の25日、勾留先の群馬県警前橋署で面会した息子の様子について「ただ泣いて“すいません、すいません”と繰り返すばかり。私からは“大変なことをしてしまったね。本当に一生かけて謝らなきゃいけないよ”ということを言いました」とうつろな表情で涙を流した。

 被害女性には会えていないことを明かし「(会う予定は)今のところ、立っていません。まずはお会いして、早く謝罪したい」と苦悩を見せた。

 会見では時折、動揺を見せる場面も。それでも「将来的に、息子さんを芸能界に戻してあげたい気持ちは」と聞かれると「してはいけないことだと思っています」と、きっぱりと即答した。

 高畑母子にとって、芸能界は「絆」と呼べるもの。裕太容疑者は手のかかる少年だったが、その少し変わった性格が芸能界で重宝されたことで、母子でバラエティー番組に出演し、高い人気を獲得するようになった。淳子は最近の愛息の活躍ぶりに「ありがたいことだと思っていました」と素直な思いを漏らした。

 しかし自らも芸能界で生きてきたからこそ、仕事先へ迷惑をかけた行為を、重く受け止めた。特に、27、28日に放送される日本テレビ「24時間テレビ 愛は地球を救う」は、放送間際に大幅な軌道修正を余儀なくされた。「許されることではない。現場での皆さまのことを考えると、何をしたらいいのかも想像がつかない」

 恩義ある芸能界への裏切りに、母親自ら引導を渡す厳しい決断。「本当に一瞬ではありましたけどたくさんの方にかわいがっていただいた。心から感謝申し上げます」と、息子に代わり“引退”のメッセージを告げた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年8月27日のニュース