船越英一郎ムフフ…“美しすぎる愛人たち”9人中4人決定

[ 2016年8月27日 06:30 ]

「黒い十人の女」で主演を務める船越英一郎

 俳優の船越英一郎(56)が主演を務める日本テレビ系の連続ドラマ「黒い十人の女」(9月29日スタート、木曜後11・59)の共演女優4人が決まった。

 成海璃子(24)トリンドル玲奈(24)佐藤仁美(36)水野美紀(42)で、いずれも船越演じるドラマプロデューサー・風松吉の愛人を演じる。すでに撮影は始まっているが、“美しすぎる愛人たち”に船越の鼻の下は伸びる一方だ。

 オリジナルは55年前の船越の父・故船越英二さんの主演映画。9人の愛人を持つ主人公が最後に妻を含めた10人の女性にしっぺ返しを食らう物語だ。脚本はお笑い芸人のバカリズム(40)が担当。大胆なアレンジに女優陣もほれ込んでおり、成海は「先の読めないストーリーを楽しんでほしい」とアピール。水野も「女という生き物へのバカリズムさんの疑問が詰まった脚本。体現できるように全力で努めたい」と抱負を語った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年8月27日のニュース